エックスサーバーは高速&高負荷耐性

エックスサーバーはSEOに有利?

SEO会社がサテライトサイトや、ランディングページの作成に使われることが多いエックスサーバー。

SEOを意識し始めると、サーバーレスポンスやダウンタイムが気になることがあります。ホームページの読み込みが遅かったり、メンテナンスでサーバーが停止してしまうと、SEOにとって好ましくないです。
Googleは、サーバーからのレスポンスが遅いサイトを低く評価すると言われています。

そういったサーバーレスポンスやダウンタイムの少なさがクチコミで人気となり、特にサテライトサイトなど小規模サイトを大量に生産するSEO会社などに多く導入されてきています。

高速で負荷耐性も高いサーバー環境

低価格、格安なサーバーになると、バックボーンネットワークやCPU情報を非公開にしてたりしますが、エックスサーバーは、このように公開しています。

それでも、20コア192GBメモリのサーバーに幾つのユーザーアカウントがぶら下がっているのかは非公開ですけどね。共用サーバーの場合、どうしても同居する他のサイトが高負荷だと少なからず影響を受けますので、気をつけたいところです。

同居するサイトの負荷影響を避けるためには、無料お試し期間を利用して、問題なければ正式に契約するといった手を取ることもできそうです。

PHPやCGIは使えませんが、無料レンタルサーバーもあるのが嬉しいですね。